Rawfood-magic@サンクチュアリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 美白を保つ日焼け止めの選び方

<<   作成日時 : 2009/08/05 11:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


今年の夏は、なんだか不安定なお天気ですね。
やっぱり暑くないと夏じゃないですよね。



さて、夏と言えば、日焼けがつきもの・・・
きょうはその日焼けの怖さをお伝えしますね((>д<))




15年ほど前から、がんの原因として「高い可能性がある」という
発がんリスク5段階評価の上から2番目だった日焼けマシンが、
引き上げられました。


つまり、十分な根拠をもって人間に対してがんの原因となるということ。
世界保健機関の下部機関である国際がん研究機関 が7月29日に発表したもの。


これまで日焼けランプの照射は、

1992年以来、グループ2A。
1ランクアップだ



グループ1として分類されているのは、
タバコの喫煙、受動的喫煙環境、無煙のタバコ製品、アスベスト、
ヒ素およびヒ素化合物、コールタール、経口避妊薬の常用、

更年期以降のエストロゲン療法、そしてアルコール飲料など。



イギリスの医学ジャーナルで発表された研究結果によると、
30歳以前に日焼け用ベッドを使い始めると、
致死率の高い皮膚がん、メラノーマのリスクが75%上昇するとのこと。


少数の科学者が「これは危険」と発表しても、
がんになるまでには相当な時間がかかるわけだから、
人において原因を特定して科学的に証明するには、当然時間がかかる。



自分達の健康を守るには、
発言には慎重を期さなければならない機関の判断を待っていては

遅いと思う。



疑いのあるもので、直感や常識で判断して考えていかにもよくなさそうなことは

避けるのが最善の防衛法ではないでしょうか。




今、アメリカやヨーロッパでは、
プラスティックから漏れるBPA(ビスフェノールA)や、

化粧品からボディプロダクト、
家庭で使われる芳香剤やら殺虫剤、

殺菌剤などに含まれるいろんな化学物質の害が騒がれている。



これ、個々の物質の発がん性とか、
その他の病気の原因となることを証明するだけでも

時間がかかるだろうけど、
他の物質との相互作用で体に悪いなんてことだったら、

日焼けがダメだからといって、
危ないと既にささやかれている化学物質たっぷりな

日焼け止めクリームを塗りたくったりしないように。




ちなみに、アメリカの非営利団体 EWG Environmental Working Groupによると、
安全で効果のある日焼け止めの見極め方は以下の通り。



買うポイント
●SPF30以上
●7%以上の酸化亜鉛 zinc oxide または二酸化チタン titanium dioxide を含む



避けるポイント
●オキシベンゾン oxybenzone や
 ベンゾフェノン-3(BP-3) benzophenone-3 を含む:アレルゲン、環境ホルモン
●スプレーやパウダーの日焼け止め:吸入すると危険率があがる
●フレグランス(香料):アレルギーや生殖機能への影響がある
●虫除け効果付きのもの:殺虫剤を過剰に吸収する恐れある


いま、夏真っ盛りですが、
日焼けには十分気を付けましょうね(^o^;)


ブログを読んでいただいて
ありがとうございます^^;




すべての人に両手いっぱいの幸せが
降り注ぎますように〜〜


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
美白を保つ日焼け止めの選び方 Rawfood-magic@サンクチュアリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる