Rawfood-magic@サンクチュアリ

アクセスカウンタ

zoom RSS LIVING RAW FOOD by Sarma Melngailis

<<   作成日時 : 2009/08/04 12:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



きのう、待望の”Living Raw Food"が届きました!
NYのPure Food and WineのオーナーでもあるSarma著書です。



NY生活中に、友人がそのレストランでインターンとして働いていたので、
遊びに行ったことがあるんです。



運よく、美人のSarmaもいて、
さらには、イケメンスタッフが気持ちよく働いていました^^;



お料理の盛り付け、色どりにも気を配り、
目でも楽しめる、とっても美味しいローフードディナーでした〜
写真がないのが残念(><;)


食事中に、
Sarmaがテーブルに来てくれて、
短い時間ではありましたが、
ローフード会話を楽しむことが出来ました。


それにしても、眩しいほどにきれいなSarma。
同性でもドキドキしてしまうくらいでした(^_^)v


それ以来、わたしは彼女のブログ↓
http://oneluckyduck.com/sarma/?p=26
をはじめ、本やインタービュー記事をチェックしていました。


ローフードに限らず、健康や美容に関する記事には、
いい結果のみ掲載されているように思うんです。

でも、実践者の中には、期待はずれの反応があったり、
逆効果になることもあったはず


そんな中で、
Sarmaは素直な気持ちをブログやインタビューに綴っています。
これは、インタビューでの回答です↓
http://www.rawguru.com/i32.html


とても共感できたのは、
ローフードのいいところは、自分の体がどう感じるかがキーだということ。
体にいいからと言って、
いきなり自分をその枠にはめようとするのは良くないんですよね。
人それぞれ体質が違うように、
反応もまちまち。


なので体感から学ぶのが一番ってこと・・・
Sarmaは、朝からアイスクリームを食べたくなることもあったそうです。
ほしいものを食べる・・・これが原点


そんなSarmaも以前のパートナーMatthewと一緒に
ローフードを食してから、大きな感動を味わい、
もう元の不健康な食生活には戻らないことにしたそうです。


自分自身のの体で時間をかけて試して、
体が喜ぶものを選択する。
それによって、不必要なものがよりクリアになる。


そんな自分だけのオリジナル食事法を
発見してみてはいかがでしょうか。
体はとても正直なので、
小さなサインにも目をそらさないように・・・


このSarmaの新しい本は
きっと、ローフード界に新たな旋風を吹き起こすことでしょう(*^ー^)ノ


余談ですが、
この本には、イケメンシェフがたくさん掲載されていて、
目の保養にもなります^^;



ブログを読んでいただいて
ありがとうございます^^;




すべての人に両手いっぱいの幸せが
降り注ぎますように〜〜



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
LIVING RAW FOOD by Sarma Melngailis Rawfood-magic@サンクチュアリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる